時々読んでください(ブックマーク)
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
シニアヨガ、リストラティブヨガ、メディカルヨガも紹介
Yoga Fit のパートナー, Luna2のブログです
http://medical-yoga.luna-works.com (公式サイト)
http://medical-yoga.jugem.jp(ワークショップ情報)
judith先生の「A Year of Living your yoga」の連載、
愛車S2000との毎日も 

ちょい不良でもちゃんと☆Yoga

がん治療の現場で:ヨガも仲間に入れる日を夢見て
がん基本法から5年、がん治療の地域格差はなくなってきており、専門家の育成も進んでいるものの、チーム医療の普及が今ひとつだ、という内容でした。しかしながら、紹介されていた静岡のがんセンターのチーム医療は素晴らしかったです。

海外では、ヨガががん治療の緩和ケアや術後リハビリに取り入れられています。心理療法士の方々がヨガセラピーを学び、メニューの一つとして用いています。
ヨガでがんは治せません。でも、がんがもたらす不安や気持ちの落ち込みは治療や薬だけでは限界があるのです。自分の命を穏やかに見つめ直す時間を提供し、深くゆっくりとした呼吸で自律神経の乱れを整え、自律神経の失調からくる様々な副作用の改善が期待できる「補完医療としてのヨガ」が日本でも取り入れられていける環境づくりを勧めていかなくてはならないと痛感しました。病床でもできるリストラティブヨガも医療現場で応用されていく可能性を秘めています。

番組サイトより

日本のがん医療の抜本改革を目指した「がん対策基本法」制定から5年。その成果として、医療の現場に劇的な変化が起こっている。全国にがん医療の拠点病院の整備が進み、数年前まで、地方では圧倒的に立ち後れていた放射線治療が新たな治療の根幹に加わる一方、これまで終末期の患者にしか適用されなかった、痛みや精神面の苦痛をとる緩和ケアの導入も、一気に広がった。新たな取り組みは、併用する他の治療の効果も促進することが指摘され、延命効果を実証する海外の研究発表などと相まって、患者たちの期待を集めている。その反面、精神面のケアなどは医師の意識にもばらつきがあり、形だけの整備でその情報すら患者に伝えられないなど、現場によって格差が更に大きくなっている事実が明らかとなってきた。新たな課題に直面する、がん医療の現場を検証する。
| ヨガが健康問題を解決できることが証明されてきています | 21:21 | comments(0) | - |
ヨガセラピストとしてのプロフェッショナリズム
ヨガをセラピーとして、とりわけ病床の患者さんたちの心と身体の癒しに用いていくには私たちには今後さらなるプロフェッショナリズムを要求されていくでしょう。実際、ヨガセラピストという職業はまだ黎明期であり、日本でそれが普及していくかどうかはヨガセラピーを勉強しようとする私たち一人一人の肩にかかっています。私たちがきちんと学び、プロ意識を持って普及に努めていけば、きっといずれは病院や、ケアハウスなどでヨガが治療として定着していくことでしょう。 
ヨガセラピストという職業のプロフェッショナリズムとして、まず大切になってくるのが患者さんとの関係作りです。関係構築には3つの段階があります。「出会い」「つきあい」「お別れ」です。 
まず、出会いですが、患者さんであるクライアントがセラピストである皆さんを信じ、受け入れてくれること、これなしにどんなセラピーも始まりません。そして、患者さんが皆さんを信じる気持ちが達成をも助けてくれるのです。 
そしてセラピーという実践においてのおつきあいですが、これは両者が共同で実践に励む気持ちです。実践を通じ、きっと状況は変化し、そして願わくば改善していくことでしょう。 
そして、実践は何らかの理由で終わりを迎えます。出会いがあれば別れがやってくるものです。例えばカリキュラムが終了するかもしれません。クライアントが引っ越すかもしれません。あるいは、体調が変化し、セラピーをやめなくてはならなくなったり、もしかしたら死を迎えることもあるかもしません。それでも、私たちはただ真摯に前を向いて一生懸命正々堂々やってきたと言えればいいのだと思います。 具体的には書物や知識ではなく患者さんが必要としているものに集中し、心を込めて、聴いて、調べて、見つけてあげ、ヨガというセラピーの理解のもとに支えてあげること。そして、そのような試行錯誤を恐れず、トライアンドエラーを根気づよく続けていくこと、それこそがヨガセラピストとしてのプロフェッショナリズムのために大切なことだと考えます。
| ヨガが健康問題を解決できることが証明されてきています | 09:08 | comments(0) | - |
映画ウォールストリートと昔の夢と今の夢
仕事の間、母が航一を見ていてくれるのに甘え、先日久しぶりに主人と映画を観に行った。仕事から帰ってきて、急いでグラタンを食べて、二人で自転車に乗り、ポテトチップスとノンアルコールビールを買って、久しぶりの映画館。やっぱりDVDで見るのとは違う!オリーブオイルであげたポテチはとても美味しかったけど、硬くて映画館でバリバリ音を立ててしまった。ごめんなさい。。

観に行ったのは、封切りになったばかりのオリバーストーン監督の「ウォールストリート」。23年前の作品は、ビジネススクール時代、ファイナンスを専攻していた私は何度繰り返してみたことか。。。英語の勉強も兼ねて。。主題歌も口ずさんで。。

そしてMBAの学生だった頃、夢見ていたのはまさに今回の作品で主人公のジェイクがしているような仕事。次世代のテクノロジーにお金を集め、育てる仕事。次世代技術先行投資。今の時代ならクリーンエネルギー。だから、なおさら感慨深かった。

だけど、卒業後、実際の社会を旅しながら気づいたこと。お金は取引されるから動く。膨らむ。はじける。とてもバーチャルだ。

そして技術の流れ。テクノロジーはどんどん私たちの生活を便利にしていく。便利というのが、マルチタスクで効率よく物事を処理していくことであるなら、プロセッサーの性能が良くなればよくなるほどいいのだ。私たちが向かう先は、限りなく便利な生活なのか。ヨガを学んで「シングルタスク」の贅沢さを知った。携帯電話やパソコンを使いこなしているつもりが、実は一日の大半を機械に使われ、マルチタスクやネットワークによって24時間つねにつながれている生活。本当の意味で一人になって自分のことを考える時間の取れない生活。どんどん便利になっても、幸せはそこにはない。幸せがあるのは、自分が生きている意味、生まれてきてよかったということを確認できたとき。それは、どんなにiPhoneの機能があがったとしても、機械の操作に忙殺されている生活にはないと思う。

( Appleを長年使っているけど、私はアップルストアが嫌い。アポとかを取りにいくって、画面を覗き込みながら対応されると「人と話する時は、機械じゃなくまずは人の顔見て話したら?」と心中毒づいてしまう)

もちろん、私たちの生活にテクノロジーは必要だ。洗濯機が有るから、家事の手間は格段に軽減される。でも、次世代のディスラプティブ(眼からうろこの)テクノロジーは今の技術革新の延長線上にはないと思う。そう。次世代技術はつねに世界を変えるほどの別次元にあるのです。

だから私は究極のシングルタスクであるヨガを教えていきたい。何もしない時間を持とうよ。何もしないでちゃんと自分を休める時間を。働き過ぎだよ、頑張り過ぎだよ。今日は何もしなくていいんだよ。と言える場所を日本にも作りたい。映画の主人公がクリーンエネルギーに賭けたように、私は静かにヨガに賭けたい。そして、かつて夢見ていたようにプライベートエクイティでお金を集め、事業の価値を高めていくという方法ではなく、何が次世代の価値を高めていくのか、ということも今は違う考えを持っています。

技術を育てるのはお金かもしれません。研究開発。マーケティング。資金集め。MBAの手法によって上手に経営をしながら、ビジネスの種を咲かせて大きく花開かせ、その実を配当というかたちで出資者に、そして社会に画期的な新製品として還元していく。それは確かに素晴らしいビジネスモデル。MBAではみんな競争戦略を勉強するものです。

でも、今度の映画でもゲッコーが言っていた。「刑務所生活をへてやっとわかった、一番価値が有るものは何か 〜 時間だ」。そして大切な家族との絆をとりもどしていくのです。また、映画でもありましたが、投資をする時は技術だけを見て投資をするわけでは有りません。この人なら任せられる、という人への信頼をもとに投資をするからこそ、技術や事業は花開くのです。

だから・・・私はあえて「時間」だけでなく「人」だと思う。人が学び、伝え、輪を作り、広げていく。ことができるのが社会の素晴らしさ。プレゼントバリューと呼ばれる、将来にわたり価値を高めるもの。そこに金融工学のような計算式はないけれど、生きる希望を持った人々ほど確かに社会を輝かせるものはないと思う。そして、人はバーチャルでは有りません。確かにそこにいます。

だから私は、ヒトが元気に暮らせる社会作りをできるヒトの輪に自分の時間を投資していきたい。投資は人のお金を集め、それを信用に基づき大きく動かして社会を変えていく。もちろんそれも素晴らしい経済のダイナミックな手法。でも、家庭を持った今、やっぱり自分が持てる、あるいは関わりを持てるリソースの範囲内でやるのが私にはあっているように思う。人のふんどしで緊張しながら相撲を取るより、自分のふんどしでとりたい。相手の顔が見える範囲で、仕事がしたい。

そういえば、今日9日夜10時から、NHKスペシャルで大相撲八百長事件の緊急特番が有るみたいです。

もうすぐ、ビジネススクール卒業の10年目の同期会があります。えっ、あの居眠りばかりしていた朋ちゃんが、お母さんだって?とみんなびっくりすることでしょう。(当時から授業中リストラティブ)

ウォールストリートはDVDでみたら、きっとあまり面白くないかも。劇場で見てよかったです。http://movies.foxjapan.com/wallstreet/

| ヨガが健康問題を解決できることが証明されてきています | 11:36 | comments(1) | - |
筋肉は歳をとってからこそ鍛える意味がある!
7/15放送のNHK 健やか長寿で、高齢者の筋肉トレーニングを紹介していました。筋肉は歳をとってからでも増やすことができます!むしろ、歳をとってからこそ鍛える意味があるのです。そして、番組で紹介されていた大腰筋を鍛えるポーズはまさに椅子を使ったシニア・ヨガの「椅子のポーズ」でした。
ポイントは、
  • 膝がつま先より前にでないようにすること(半月板損傷予防)
  • 足幅を肩幅より広めにとること(安定性アップ)
です。

(下記NHKサイトより抜粋)
「老化は足から」といわれるように、とくに衰えやすいのが脚の筋肉。私たちの筋肉は70歳代では20代の半分程度になってしまう。筋肉の厚さは、上半身はそれほど変化しないが、脚は大きく減少することがわかっている。脚の筋肉が衰えると歩幅が狭く、すり足になる。そして、ちょっとした段差でもつまづいて転倒し、骨折。それが寝たきりの原因となってしまう。しかし、筋肉は年をとってからでも増やすことができる。番組では、大腰筋鍛錬の重要性を踏まえた脚の筋肉のトレ-ニングを紹介する。
| ヨガが健康問題を解決できることが証明されてきています | 20:40 | comments(0) | - |
介護を日本の主要産業に:期待したい取り組み
ケアマネージャーさんたちのリフレッシュを目的にヨガのコラムを書いている「ケアマネ」さんのサイトにとても興味深い記事が載りました。
介護は日本の主要な産業になっていくだろう、なっていくべきである、という見通しです。


(以下:記事より抜粋)
これまで社会保障関係のデータといえば、「高齢化の進行でどこまで社会保障費がふくらむか」といった、財政への影響を示すものばかりが目立ちました。 その意味で、社会保障分野が「大きな成長の可能性」を持つというテーマは大きな転換の1つといえます。 ただし、現実に目を向けると、医療や介護を産業の屋台骨として育てていくには、多くの課題もあります。 医療・介護の現場は人手不足が進み、患者・利用者側には十分なサービスが受けられていないという不安も目だっています。 仕組みそのものを整理していかなければ、「成長の可能性」には結びつきません。

介護の現場で働く方々の心とカラダのケアはもちろん制度作りだけで片付く問題ではありません。一人一人が個人として尊重され、やりがいを持って働ける前提づくりはどの職場でも大きな課題として取り組まれてきています。

ヨガは万能薬ではありませんから、ヨガで状況を救える、という楽観的な話をするつもりはありません。しかし、自分をリラックスさせて再充電させてあげられる時間も取れないような過酷な就労環境の中に一つ「ヨガ」という選択肢が増えてくれたら、、、
深呼吸をする時間、ゆっくり何も考えない時間、身体を休める時間、それをせめて一日20分、一週間に一度でも取れる環境を確保していこうという動きが小さくでも始まっていけば、きっと介護が主要な産業に向けて動き出すための小さな歯車になるのではないかと思うのです。

ヨガサークルは自分たちで立ち上げることもできますし、先生を呼んで初心者クラスから始めることもできます。もちろんいつでもどこでも一人でも、作ろうと思えばヨガという時間を作れるのがヨガの魅力です。

介護現場で働くスタッフにヨガの機会を検討してみたいという事業者の方やスタッフの方はこちらよりお問い合わせください。
皆様のリクエスト全てにはお応えできませんが、少しでも現場で働く方々が心と身体を再充電できる環境づくりのお手伝いをさせていただけたらと思います。


| ヨガが健康問題を解決できることが証明されてきています | 07:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
ぴーちくパーチクぐらいで長生きできるなら
先日、NHKクローズアップ現代で「介護が変わる」毒舌を好む中高年をテーマにした番組を見たあと、グータンヌーボという番組を観ました。 NHKの方は、老いを送らせるにはあらゆる方法で脳への刺激を心がけるのが効果的、というお話でしたが、グータンヌーボでは「女性から恋話を取り上げたら、何が残ると言うのだ」というテーマでした。 

一緒に観ていた私の彼曰く、「一般的に女性が長生きだといわれるのは、女の人って恋話とかおしゃべりとか大好きで、それが男性より脳を活性化させているのかもね。男の人ってあまりそういうことする機会ないから、年をとるごとに脳への刺激が少なくなってはやくぼけちゃうのかも・・・」 確かに、女の子はどんなことでも話題にして、楽しくぴーちくパーチクやっています。 それが長生きの秘訣だったとは!

そして、R25にこんな可愛いイラストを見つけました。 男の人にもある「彼女にイラッとする瞬間」そんな彼女の短所も個性だと思って楽しむのが男の美徳、なーんてことが書いてある記事でした。 イラストを見せたら、彼は壊れた機械のように笑い続けていました。二人の様子が、あまりに似ていたからでしょうか。
| ヨガが健康問題を解決できることが証明されてきています | 18:32 | - | - |
Yoga Day USA と日本にヨガにかける想い
2009年1月24日、アメリカでは「Yoga Day USA」というイベントが開催されます。 http://www.yogadayusa.org/

いわば、老いも若いも、Yogi もカウチポテト族も、トライアスロン選手も、ヨガで心と身体を気持ちよく伸ばす一日にしましょう、というわかりやすいイベントなのです。

しかも、クラスは無料(かほぼ無料)!
上記ウェブサイトで、アメリカ人は近所で開催される無料のヨガクラスを検索できます。ヨガのインストラクターやスタジオはフリーのクラスを登録できるという、ものすごく巧く組織化されたイベントなのです。

アメリカではヨガはもはやフィットネスの新しい流れとして人々の生活の中にとけ込んでいます。従来型の鍛錬、自分を追い込む修行のような運動、や外見的な肉体改造、ウェイトダウンを目的とするのではなく、心地よい刺激と弛緩を繰り返す動きによって心身ともにリラックス状態を生み出しながら、心と身体を気持ちよく解放していく、エモーショナルでありながらエネルギッシュなエクササイズとして、これまでヨガとは無縁だった人々の間でも、人気が高まっています。

その背景にあるのがこのような取り組み。
健康に暮らしたい、と願う全ての人々にヨガをわかりやすく伝えていきましょう、という啓蒙活動が生きることへの感謝、つながっていることへの感謝を経てどんどん喜びの和を広げています。

ヨガは決して修行者のためのものではありません。ロハスな人だけのものでもありません。お酒を飲んでも、煙草を吸っても、ヨガをしていいのです。仕事で疲れ果てた人が、深呼吸をして身体をねじったら、ちょっと癒される、そのぐらいの期待でいいのだと思います。
「無理をしない」はずのヨガのクラスは、一般的にとても難しい、と先生をしている私ですら思います。無理をしないでくださいねー、と言われても、先生がとるポーズを真似しようとすると、難しくてついていくのが必死なのです。でも、どうやって無理をしないようにしたらいいかがわからないのです。なので、ヨガフィットでは、無理をしないように、と言われたときに無理をしなくて済むようなポーズから先に習っていくのです。また、筋力が落ちた人にも優しいシニアヨガや、動きをシンプルにしたキッズヨガにも、簡略化のヒントはたくさん隠されていると思います。

戦士のポーズで手を上に上げたままでポーズを維持するのは大変なのです。
ですから、脚だけ丁寧にポーズは行ない、腕を上げる運動は別途椅子に座ってやったっていいのです。そういうヨガを教えられる先生がもっと増えて欲しい、と思いながらシニアヨガのワークショップを行なっています。

また、昨日NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で理想の地域医療を目指し活動されている中村先生の番組を拝見しました。最後まで家族と共に暮らしたい、という住民の思いに、自宅で診療を受けられるシステムを、行政を巻き込み、ケアマネージャーやヘルパーなどの介護スタッフの方々、保健師さんなどと連携し、三位一体で患者さんとその家族を支えられるしくみづくりに尽力されています。とても感銘を受けました。
心と身体の疲れを解放できるヨガも、理想的には自宅で行なえるぐらいまで普及できたらいいと思います。そのためにも、フィットネスクラブやヨガスタジオで行なうヨガだけでなく、ケアマネージャーやヘルパーの方々が自分たちのストレス・リリースのためにヨガが行なえるような環境をつくり、高齢者の方もヨガで衰えた骨格筋を鍛えたり心を晴れやかに毎日を過ごしたりできるようになればいいと思います。というわけで、実は今年から介護にたずさわる方々がご覧になるポータルサイト「けあとも」(http://www.caretomo.com/)ほかでヨガの連載を始めることになりました。現在鋭意原稿執筆中です。自分にできる小さな事からですが、日本人の心と身体の健康に希望を与えていけるような活動を続けていきたいです。

というわけで、長くなりましたが Yoga Day USA に絡み、日本のヨガにかける想いを綴ってしまいました。なお、Yoga Day USA には昨年一緒にインドに行ったアメリカ人のみんなも登録し、無料クラスを開催するんだ!と張り切っていました。
| ヨガが健康問題を解決できることが証明されてきています | 15:00 | - | - |
ソマサイコロジー:まずは自分孝行
  物質、肉体一辺倒だった西洋が、今注目している学問、それが
ソマサイコロジー」心は体に影響を与えるはずだ。日本人の感覚からすると別に新しい感じはしないのですが(「病は気から」)アメリカではがんがん研究が進められています。

おじいちゃんの肩をもんであげる孝行なお孫さんが昔はいました。おじいちゃんはお孫さんとのつながりを感じるだけで、老化もゆっくりになる気がしました。でもきっと、今はお孫さん自身に余裕がないのです。現代社会に苦しんでストレスを貯めています。
毎日一カ所、自分の体、肩とはいわなくても腕とか、お腹とかを自分の手で触ってみてください。自分で触ったところには悪意は感じません。むしろ、大切にしなくては、という気持ちが蘇ってくる、それが Self Touching による癒し効果です。本当は、お孫さんがおじいちゃんの肩を癒す、というのが理想的な社会のあり方かもしれませんが、せめて今の時代は自分で自分の体をまず触ったりもんだりしてみましょう。そうすれば、心と体の結びつきを本能的にキャッチできるのではないでしょうか。

| ヨガが健康問題を解決できることが証明されてきています | 20:18 | - | - |
Yoga Health Festivals が始まります
8/24,25 いよいよデンバーから Yoga health Festivals が始まります。
私はツアーの最後、10/5のバンクーバーに参加してくる予定です。

++++過去のブログから+++++

今年の9月、アメリカではYogaMonth / Yoga Health Festival というイベントが開催されます。これはヨガを通じて健康なライフスタイルを享受しましょう、という意識を広げていきましょう、というグローバルな草の根キャンペーンですが、なんと、一ヶ月(2008年9月)の間に全米10都市で連載される大規模なツアーイベントです。

ヨガを習っている方、あるいはヨガの先生、皆さんのヨガに対する思いを、このイベントへの名前の登録を通じて共有しませんか?個人の登録はこちらから行なえます。e-mailと、名前と郵便番号、国名を記入するだけ。
http://www.yogamonth.org/addyournametoourcampaign.php
ヨガが健康問題を解決すると証明されてきていることを発信したいと思いこのブログを書いていますが、世界にはこういう意識の高まりがあるということを、知ってもらえるだけでも嬉しいです。そして、できれば誰かに伝えてください。イベントの正式なボランティアになるのも簡単です。このイベントのことを誰かに話したり、ブログに書いてくださるだけでもボランティアになれます。もちろん私も登録しています。こちらのページに、英語で名前と国名を記入し、
http://www.yogamonth.org/volunteers.php

下記にチェックをいれるだけ。
Writing articles, blogs ( 記事やブログを書く)
Spreading the word ( このイベントのことを誰かに離す)

Yoga Month 092008 banner

バナーを貼っていただくのも「Spreading the word」です。
こちらのサイトから、入手できます。
http://www.yogamonth.org/YM_banner.php

健やかに暮らしたいのは全人類の願いだと思います。それに、ヨガが一役かえるのは嬉しい限りです。
| ヨガが健康問題を解決できることが証明されてきています | 21:04 | - | - |
オプティマル ヘルス という考え方とヨガ(Yoga)
アメリカという国でヨガを学んで感じたことは「オプティマルヘルス」に対する意識の高さです。
日本ではまだあまり聞いたことがない言葉だと思いますが、これはその時々の年齢における最高の健康状態を実現させることを言います。例えば、20歳ならば20歳の健康があるように、50歳なら50歳の健康があるという考え方です。

続きを読む >>
| ヨガが健康問題を解決できることが証明されてきています | 10:29 | - | - |