時々読んでください(ブックマーク)
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
シニアヨガ、リストラティブヨガ、メディカルヨガも紹介
Yoga Fit のパートナー, Luna2のブログです
http://medical-yoga.luna-works.com (公式サイト)
http://medical-yoga.jugem.jp(ワークショップ情報)
judith先生の「A Year of Living your yoga」の連載、
愛車S2000との毎日も 

ちょい不良でもちゃんと☆Yoga

メディカルヨガ:ティモシー先生のお便りから
メディカルヨガの著者であるティモシー先生からのデンマークからのレポートです。

リズ(仮名)は激務のストレスによる慢性疲労、不眠、そして不安症に悩まされていました。彼女は数年、ヨガを続けてきていたのにもかかわらず、です。そこで、先生はボルスターに身体をあずけた仰向けの合踵のポーズ(コブラーポーズともいう)を処方してみました。 

ゆるやかなバックベンドを日常の習慣にできることから、きっとこのポーズはリズの不調を改善するだろうという見込みあってのことでした。ヨガのポーズの効能は一つだけでなく、複合的に効いてくることに意味があるのです。 仰向けの合踵のポーズを含め、ボルスターに背中を預けるポーズはリストラティブでありながら、背中を緩やかに反らせることにより、活性化も見込めます
Lizは一日の大半を背中を丸めながらコンピュータの前で過ごします。猫背になるだけでなく、首のカーブが損なわれます。これはリズだけでなく、多くの現代人が知らず知らずのうちに陥っている悪い姿勢です。ヨガをやっている人たちは、背中を反らすことでいかに活力がわいてくるかを実感として知っています。アーユルベーダの観点からはリズはVata(ヴァータ)が行き過ぎているため、数分感動きをとめて休むだけでも体質が穏やかになるのです。このポーズのもう一つのメリットは、下腹部の腹筋が自然に緩んでいくことです。多くの現代人がまた、このあたりにいい知れぬ慢性的な緊張を抱えています。 大人になるにつれ、おなかを薄く見せるためにおなかを引っ込めたりしているからです。
リズはワークショップの時間をフルに使って、このポーズを楽しむようにしました。さて皆さんがヨガセラピーを教えるときは、きちんと患者さんを観察してみましょう。ポーズをよりよくするための微調整ができるようになります。 ティモシー先生がリズを観察した限りでは、下腹部に緊張が残る以外は特に不具合は見当たらなさそうでした。一般的な腹式呼吸では息を吸うときおなかが自然にふくらみ、息を吐くときに下腹部はリラックスします。そして、息をはきながら背中は沈み込んでいきます。リズの場合はそれが逆になっていたのです。息を吸いながらおなかを硬くし、息をはきながらおなかが膨らんでいたのでした。先生は彼女に奇異呼吸のことを伝えました。リズは驚き、かえって不安になってしまったようでした。しかし、結果的にそれに気づいたことがよかったのです。 
先生が観察した限り、リズの性格はA型、つまり「戦うか逃げるか」つまり、常に交感神経のスイッチが入りっぱなしなのです。息をはくときに、心拍数にも自然な緩和がありませんでした。(respiratory sinus arrhythmia)自律神経のバランスがうまくとれていない証拠です。それが彼女の不眠症状、慢性疲労、不安症状などの諸症状を引き起こしていたのでした。自律神経のバランスが崩れると、かっとしたり、落ち込みが激しくなったりもするのです。実際、不規則で、浅く、肩で息をするような呼吸はそのひとの行動様式を反映しているものです。 ティモシー先生は、リズの手をおなかの上にのせてみました。彼女が、おなかのふくらみやへこみを感じられるようにです。そうすることによって、たちまち彼女は正しい腹式呼吸に戻ることができました。気持ちいいリストラティブのポーズで、正しい呼吸のまま、穏やかに10数分休息を取ることができたのです。  リズには骨盤底筋群の緊張も疑われていました。そこで、ちゃんとした腹式呼吸ができるようになった次の段階として、骨盤底への意識を促してみました。リラックスして背中をボルスターに委ねた状態で、息を吸うにつれ、骨盤の底が広がり柔らかくなっていく様子をイメージし、息をはきながら、骨盤が優しくしまっていき、持ち上がる様子をイメージするのです。実際、骨盤底の筋肉は自分の意志でコントロールしがたい筋肉群ですが、彼女に起こった変化は、感情面のリリースでした。呼吸に意識を向けることで、彼女は自分の心の中のものと向き合い、そして自然にそれを外に追いやることができていったのです。その後ティモシー先生が彼女の脈をとったとき、それはとても落ち着き、自律神経のバランスも整っていったのでした。 最後に、踵をあわせて自然な重みで膝を開くことでリズの内股の筋肉に柔軟性が戻っていきました。なので、最初はプロップスを差し入れなかったのですが、数分経たないうちに、彼女は膝がおちるのを訴えたため、膝の下に丸めた毛布を差し入れたところ、彼女は安心してとてもリラックスできるようになったのでした。 この寄りかかった仰向けの合踵のポーズを数週間続けたところ、彼女からは「私にとても合うポーズだったようでした!とても深く休めるし、呼吸を教えてくれました。身体が自然に開き、感情もリフレッシュできます。自分がポーズをしているのをいつでもイメージできます。ストレスがたまったらできるいろんな呼吸法はあるけど、こんなに簡単で確実な方法はないようです」という喜びのお便りが来ました。 実はこの最後の言葉に、ヨガの秘訣が隠されています。 ストレスがたまったときに自分のために何かができる、という気づきこそが、彼女の人生を変えていったのです。

(お知らせ)7-9月のワークショップ情報更新しました。↓
| リストラティブ・ヨガ | 11:16 | comments(0) | - |
マタニティヨガの経験が記事になりました☆
妊娠期間中のリストラティブヨガの経験が記事になりました。
ナショナル麻布スーパーマーケットにおいてあるフリーペーパーです。

Yoga as Medicine のあとがきを授乳の合間に書いています。が、笑い始めた息子が可愛くて仕事になりません!
| リストラティブ・ヨガ | 14:46 | comments(0) | - |
妊婦さんのためのリストラティブヨガ:指導者養成講座
妊娠中の女性の心と身体を優しく守るリストラティブヨガの指導者養成講座を開講します。

これまで、自然なお産を目指すためのマタニティヨガを安全に指導できるヨガの先生の育成を目指し「マタニティヨガ指導者養成講座」を開講してきましたが、こちらに加え、妊娠中の女性の心のケアを目的としたリストラティブヨガを提供できるクラスの普及を目指し、リストラティブヨガの総合講座の派生講座としてプログラミングしました。

恩師であるジュディス(Judith Lasater)先生に、一部監修をお願いしてあります。

日時:9月23,24日(23日午後、24日終日 )
場所:都内:目黒駅近く(受講者に追ってご連絡申し上げます)
費用:70,000円 ( テキスト、Easyoga のボルスター、アイピロー14,000円相当が受講料に含まれます)
持ち物:ブランケット3枚、タオル3枚、ブロック2つ、ストラップ、筆記用具

安定期に入ってから本格的に始めるといわれるマタニティヨガですが、本当にヨガのエッセンスを必要とするのは実は運動を止められている妊娠初期であったり、身体を動かしにくくなる臨月直前であったりします。そのような時期に身体に無理なく安全に心の状態を穏やかにできるソマティックサイコロジーテクニック(つまり、身体の状態を意図的につくりあげ、目指す心の状態に導いていく手法)であるリストラティブヨガは、多くの妊娠中の女性の心と身体のストレスを緩和できるはずです。

このようなマタニティ・リストラティブヨガが特別なクラスとしてではなく、自宅の近所で身近に受講できるような環境を日本でも広げていきたいと考えており、担っていかれるのは地元の先生方だと思っております。受講にあたり、ヨガに卓越したスキルや資格等は必要ありません。リストラティブヨガの基本も含め、少人数制で学んでいきたいと思います。

申し込みはメディカルヨガ問い合せフォームよりお願いします。
ご参加をお待ち致しております。
| リストラティブ・ヨガ | 15:46 | comments(0) | - |
関西でリストラティブヨガ指導者養成講座
2010年11月21日-23日に兵庫県川西市にて、リストラティブ・ヨガの指導者育成講座を開催します。この機会にぜひご参加いただければと思います。 ヨガの基本を日々学ばれている方であれば、インストラクターの方でなくともご参加いただけます。資格等の認定はございませんが、基本をしっかり、生徒さんたちに安全に教えられるよう、いつも顔が見える範囲で開講しております。そのため、定員に限りがございますがご了承ください。 

開催日・時間

2010年11月21日-23日(日−火) 
  • 21日 13時〜18時 
  • 22日 9時〜18時(※休憩1時間分含む) 
  • 23日 9時〜12時 
開催 〒666-0014 兵庫県川西市小戸1-3-12 泉ビル101号 
メローヨガスタジオ 地図はこちら

定員9名

参加費

92,500円(90ページのテキスト含む) 
※Easyoga殿協賛:ボルスター・アイピロー(14000円相当)が受講料に含まれます。 ボルスター、アイピローはリストラティブヨガには不可欠なものでありながらなかなか思いきって購入できないものです。今回の講習で一つお手元にご用意いただくことで、受講いただいた内容をもとに、学んだ内容の実践をいただくことを狙いとしております。(バスタオル、ブロック、ストラップは各自ご用意ください) ※3日間の講師養成講座修了書が発行されます。 

持ち物

上下動きやすい服装・ヨガマット、筆記用具、ブランケットか大判バスタオル3枚、ブロック2個、ストラップ お申し込み メローヨガさまのウェブサイトよりお願い致しております。 お申し込み画面
| リストラティブ・ヨガ | 17:16 | comments(0) | - |
仙台のワークショップ:
仙台でのリストラティブ・ヨガ・ワークショップはとても楽しかったです。いつも小さい私のクラスですが、今回も和気あいあいと始まりました。

緩やかに身体をゆだねながら、私のおなかもゴロゴロゴロ。みんなのおなかもゴロゴロゴロ。大合唱でした。

ケーススタディでは、先生の一人「はい、サンドバッグを置きますね」と言うつもりのところを「はい、砂袋を・・・違った、サンドバック」「砂袋でいいんですよ。ボルスターじゃなくて、硬枕でいいですし」「先生、言わなきゃ分かんないのに・・・」と、シャバアサナどころじゃなくなっちゃったり、
ロールプレイングで患者さんをやっていた先生は「私の足もストラップで縛ってください」と言おうとして「わしを縛ってくれ・・」とおもわず口走ってしまい(先生曰く「私の足と言おうとして、わしと言ってしまった瞬間何かが乗り移ったんです)しばらく、みんなで笑い転げていました。

宿題もいっぱいでしたが、一生懸命取り組んできてくださったので、2日目のグループワークやケーススタディがとても有意義なものになりました。ワークショップが終わる頃には皆さん、きちんと患者さん(生徒さん)をIntake(受け入れる)ながら、クラスを始められるようになりました。テキストも100ページあります。

リストラティブヨガのワークショップではボルスターをお持ち帰りいただいています。他のプロップスは買う機会があっても、なかなか値の張るボルスターまでは買おうという気が起こらないもの。

しかし、このボルスターを一つ持っていれば、学んだ内容をもとにすぐに個人セッションを始めることができます。Easyogaさんの協賛で実現したボルスター付きティーチャートレーニング、東京や地方でも開催していきますので、どうかご参加いただき、この気持ちよさの伝道者になってくださる先生が増えていっていただきたいと思います。

仙台の観音様が夕日に映えた姿はそれはそれは神々しいものでした。
トレーニングの開催予定はブログの続きをご覧ください。
| リストラティブ・ヨガ | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
神様の命令:忘れてはいけないよ。
先日ニューヨークの喧噪の中、リストラティブ・ヨガ(Restorative Yoga)のワークショップに参加してきました。場所はセントラルパークのちょっと西。
クラスの最後に先生が、とても素敵な詩(引用)を読んでくれました。先生がこの詩のプリントを下さったのでご紹介します。

職場や介護・福祉の現場など、ストレスで心と身体をこわしてしまっている方々が後を絶ちません。どうか、神様に命令されてください。

忙しいと言われている報道の現場ですら、格言があります。ロンドンの放送局の社訓。
あなたの命より大切なスクープはない」究極の福利厚生です。
日本の放送局で働く方々にも、ぜひ頭の片隅に入れておいていただきたい言葉です。

その、すてきな詩をご紹介します☆

休みを取るのを忘れてしまうと、私たちはきっと猛烈に働き、きっと神の深い憐れみを忘れ、私たちが愛する人たちのことも忘れ、自分の子供たちのことも忘れ、大自然の神秘のことも忘れてしまうことでしょう。

神様は言っています。
それじゃあいけないよ。
せっかく私があなた方に与えたものを無駄にしないでください。
あながが自分の人生の価値をもし理解できていれば、一つの息とて無駄にはしないでしょう。

これは命令です:休みを取りなさい。

これは提案という程度のものではないのです。命令です。盗まぬこと、殺さぬこと、嘘をつかぬこと、ということと同じぐらい真剣な命令です。

思う存分人生を楽しみ、人生に感謝し、人を愛し、愛する人と共に食事を楽しみ、リラックスし、快適に過ごし、私たち人間に与えられた、休息をとれるという素晴らしい恩恵を享受しましょう。

If we forget to rest we will work too hard and forget our more tender mercies, forget those we love, forget our children and our natural wonder.

God says :

Please don't.
It is a waste of tremendous gift I have given you.
If you knew the value of your life, you would not waste a single breath.
So I give you this commandment : remember to rest.

This is not a lifestyle suggestion, but a commandment - as import as not stealing, not murdering, or not lying.

Remember to play and bless and make love and eat with those you love, and take comfort, easy and long in this gift of sacred rest.

Excerpt from the book : " Sabbath : Restoring the sacred rhythm of rest ! by Wayne Muller.
 
| リストラティブ・ヨガ | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
病院でリストラティブ・ヨガ:究極のリラックス状態
今日(6/18)時点で本屋さんに並んでいるYoginiと言う雑誌の92ページで、病院でヨガを福利厚生に活用している事例を紹介していただいています。

昨日はヨガのクラスでしたが、今普及に努めています「リストラティブ・ヨガ」(リストラ対策のヨガではないですよ〜)、もし他の言葉で言い換えるのであれば「究極のリラックス状態を生み出すヨガ」を皆さんに楽しんでもらいました。

病院でのクラスはもちろん、初めて参加される方でも痛みを感じずに済むように、簡略化したポーズや、冬場は椅子を使ったりもしていますが、今回のリストラティブ・ヨガはもっともっとマイルドです。

私もアメリカでこれに出会ってから、実はもうヤミツキです。以前もコラムに書きましたが「ヨガなんて」と言っている男性が、特にこのヨガにはハマってしまうようです。

ハタヨガが、ポーズを「とる」のに対しリストラティブ・ヨガでは身体を重力に「ゆだね」ます。ゆだねる・・・なんて甘美な響きなのでしょう。思いっきり甘えん坊になれるヨガなのです。男性がハマる理由もここにあるのかも。。。

というわけで、昨日は一時間たっぷり、身体が溶けていく感じを味わいました。
クラスが終わった頃にはみんなまったりしてしまって、夜勤のみなさん、ごめんなさい。
でも、これこそが「リストラティブ(再生)」なのです。心からリラックスして、元気になって、元の持ち場に笑顔で戻っていける。リラックスはリラックスのためにあるだけではなく、リラックスして元気を取り戻し、本来の舞台でますます活躍できるためのものだと思います。
 
| リストラティブ・ヨガ | 08:52 | comments(1) | trackbacks(0) |